• このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画家にして東京ネームタンク講師のごとう隼平と、小説家の架神恭介が新連載漫画について語る「マンガ新連載研究会」出張ラジオです。
今回は週刊少年ジャンプから『腹ペコのマリー』を取り上げます。

・マンガとしては「珍しい」作り(0:50~)
・独特の空気感は圧倒的な情報量ゆえ?(3:10~)
・ごとう「こういうことをやると普通はメッチャつまんなくなる」(3:37~)
・読ませる力は「キャラのリアクション」(5:55~)
・変に理由付けしなくても「人を好きになる描写」は成り立つ!(11:55~)
・少年漫画というかパニック映画的展開?(16:20~)
・ごとう「これを真似しようとすると……火傷する」(17:30~)
・まとめ。「自分の漫画がなんだか面白くない時は……」(18:55~)

こんな内容でお送りしています。セオリーで考えると悪手と言っても過言ではない本作。しかし、実際に成り立っているし、面白く読める。その秘密がどこにあるのか、ごとう先生の分析と、そこから得られる学びにご注目下さい!

ネーム、作画の作業用BGMとしてご利用ください!

『マンガ新連載研究会』はすべてのマンガ描きのためのマンガ研究機関「東京ネームタンク」が開催する月一回の勉強会です。その回までに始まったマンガ新連載をリストアップし読み合い、注目の作品、その気になる点を深く考察しています。
数あるマンガ新連載から定期的に学んでいくことで自分の制作や活動に活かし、常にトレンドに敏感であることを目的として活動しています。

◎マンガ新連載研究会◎
月会費2,000円、どなたでもご参加可能です。
クレジットカード・コンビニ決済。
退会もいつでも自由なタイミングで行えます。

◎東京ネームタンク◎

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

有料会員用のIDでログイン

ログインしていません。

最近のコメント

過去の記事

マンガ新連載研究会ご入会はこちら
無料メルマガ登録はこちら
ページ上部へ戻る