• このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画家にして東京ネームタンク講師のごとう隼平と、小説家の架神恭介が新連載漫画について分析する「マンガ新連載研究会」の出張ラジオです。
今回は週刊少年ジャンプから『Dr.STONE』を取り上げます。

・キャラ立てわずか2ページの妙(4:25)
・ごとう「会話なんて噛み合ってなくていい」(5:40)
・説得力のある「好きになれる女の子」(7:45)
・主人公の「ナメるなー!!」(9:52)
・石になっても「しばらく意識がある」という発明(11:00)
・ごとう「これだけキャラ立てると逆に悪目立ちする可能性も」(12:57)
・架神「吉田沙保里が生き返って仲間になったら嬉しくないですか?」(15:55)
・ヒロインからの「段階的ごほうび」の不在問題(16:34)
・「全人類のための行動」は読者が共感しにくい(20:02)
・構造のまとめ(21:40)

『Dr.STONE』はまるでお手本のような第一話であり、とにかく冒頭でのキャラ立てが非常に上手い。そして速い。わずか2ページで2キャラ立てて好感度も稼いだその手法はとても参考になると思います。

実は構造的にはシンプルで、「キャラ立て」「目標設定」「大イベント」の3つしかありませんが、それで十分に読ませる漫画となっています。シンプルかつミスがなく、一つ一つの要素が高品質なので、おそらく編集部もこれに文句は付けれないんじゃないかなあ。ジャンプなど少年誌での連載を考えている方は是非ご参考に。

ネーム、作画の作業用BGMとしてご利用ください!

『マンガ新連載研究会』はすべてのマンガ描きのためのマンガ研究機関「東京ネームタンク」が開催する月一回の勉強会です。その回までに始まったマンガ新連載をリストアップし読み合い、注目の作品、その気になる点を深く考察しています。
数あるマンガ新連載から定期的に学んでいくことで自分の制作や活動に活かし、常にトレンドに敏感であることを目的として活動しています。

◎マンガ新連載研究会◎
月会費2,000円、どなたでもご参加可能です。
クレジットカード・コンビニ決済。
退会もいつでも自由なタイミングで行えます。

◎東京ネームタンク◎

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

有料会員用のIDでログイン

ログインしていません。

最近のコメント

過去の記事

マンガ新連載研究会ご入会はこちら
無料メルマガ登録はこちら
ページ上部へ戻る