• このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画家にして東京ネームタンク講師のごとう隼平と、小説家の架神恭介が新連載漫画について分析する「マンガ新連載研究会」の出張ラジオです。
今回は少年ジャンプ+から『終極エンゲージ』を取り上げます。
ネーム、作画の作業用BGMとしてご利用ください!

・かがみ「ごとう先生には色々と文句を付けたいところがあるんですよね!?」(3:03)
・「その世界に行ってみたい魅力」が必要(4:20)
・しかし、ファンタジーにはリアリティも必要。「不都合」の存在(6:16)
・「ちょっと嫌な世界」であることと「魅力的な世界」の両立(8:34)
・既存のルールを破壊しようとすると物語にパワーが生まれる(10:29)
・「都合の良いもの」を作っておいて破壊する(15:00)
・かがみ「お母ちゃんはなんでノーダメージだったの?」(18:25)
・かがみ「人魚ってリアルに出てきたら愛せないですよ。下半身魚ですよ!?」(21:34)
・「早めに出して短く立てる」通常の主人公のキャラ立てとは異質な方法(27:01)
・父から息子への「感情の引き継ぎ」により、主人公の感情を追わせる(28:43)

今回のポイントは二点。
ごとう先生による「ファンタジー世界の描き方」論。ファンタジーって漫画と相性良さそうで意外と難しいんですよ。むしろ小説の方が相性がイイ。これはいずれもっと深掘りして考えていきたいテーマですね。

そして、主人公のキャラの立て方です。通常の主人公のキャラ立ては「早めに出して」「速やかに立てる」です。しかし、第二回で扱った『天地創造デザイン部』は「主人公のキャラが極めて薄い」という、基本の作りからは大きく外れたものとなっていました。さらに今回の『終極エンゲージ』。ネタバレになるのでこれ以上は言えませんが、非常に特殊な「主人公のキャラ立て」を行っております。ぜひ本編を読まれてから、その特殊性をご確認下さい!

◎マンガ新連載研究会 https://lounge.dmm.com/detail/284/
◎東京ネームタンク公式ページ https://nametank.jp
◎みなさまのご感想 http://togetter.com/li/900134

BGM:魔王魂

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

有料会員用のIDでログイン

ログインしていません。

最近のコメント

過去の記事

マンガ新連載研究会ご入会はこちら
無料メルマガ登録はこちら
ページ上部へ戻る