• このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画家にして東京ネームタンク講師のごとう隼平と、小説家の架神恭介が新連載漫画について分析する「マンガ新連載研究会」の出張配信です。
今回は週刊少年サンデーから新井隆広先生『天翔のクアドラブル』を取り上げます。

メインにするためかな?」(3:05)
・ごとう「ドラマ構造がそんなに入ってないのが気になる」(6:02)
・ごとう「この展開……四人が殺し合うんだと思った!」かがみ「おれも!」(8:12)
・時代はけものフレンズに見られる仲良しの時代へ(9:02)
・ごとう「妙な日本アゲを取り入れてくるのがサンデーっぽい」(5:30)
・感情移入の対象が四人になっているのが作劇上難しい(12:35)
・かがみ「機巧のジュリアン!とかテロップ出しても良かったのでは?」ごとう「いやそれはダサいwwww」(13:25)
・この作品のウリはフォーマンセルだ!(15:33)

◎マンガ新連載研究会 https://lounge.dmm.com/detail/284/
◎東京ネームタンク公式ページ https://nametank.jp

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

過去の記事

無料メルマガ会員募集中!
ページ上部へ戻る