特別講座「漫画家がSNSでメシを食う方法」ゲスト:横山了一先生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大盛況のうちに終了しました!たくさんの皆様のご来場、ありがとうございました!!

横山了一先生特別講座

ツイッターなどに漫画を投下し、出版社を介さず、直接にエンドユーザー(読者)の支持を受ける……。そういったスタイルが漫画業界にも見られるようになってきました。東京ネームタンクの受講者からも、「SNSに漫画を投稿するのは有効か?」といった質問をたびたび受けています。

従来の新人賞経由のプロデビューと比べて、SNSからのデビューはどうなのでしょうか? どっちがいいの? SNSで流行ってもお金に替えられるの? そもそもどうすればバズる(流行る)の?

そこで今回は、ツイッターに投下した漫画を次々とバズらせて連載獲得や単行本出版に繋げている漫画家、横山了一先生をゲストにお迎えし、ごとう、架神がディスカッション形式で漫画家のSNS利用についての知見をお尋ねしていきます。

SNSは漫画家の新しい生存戦略なのか? 既存の出版社ルートと両立すべきものなのか? それとも現実はそんなに甘くないのか? 漫画家として業界をサバイブするための知恵と武器を手に入れましょう!

講義内容

  • ツイッター? ブログ? pixiv? どの媒体を選ぶべき?
  • 完全なる無反応……暗黒期を乗り越えるためには?
  • 二次創作を投下するのはアリ? ナシ?
  • SNSってコミュニケーションは必須なの?
  • どうすればバズるの?
  • 「意外とウケた」「ウケなかった」横山先生の具体例と分析
  • やってはいけないこと
  • バズった後に気をつけるべきこと、どうやってお金を生み出すのか
  • 費用対効果について。SNSにどれだけ時間を掛けたら何が得られるの?

レポート記事
『ラフに描いても漫画はバズる。人気マンガ家・横山了一が語るSNS活用法』

たくさんのご感想をいただきました。
漫画家ビジネススキル講座・実況&感想まとめ

ここから先は会員限定となっております
ご入会はこちら
会員の方は所定のパスワードを記述しログインすることで閲覧できます。

既存ユーザのログイン
   

関連記事

コメントは利用できません。

有料会員用のIDでログイン

ログインしていません。

最近のコメント

過去の記事

マンガ新連載研究会ご入会はこちら
無料メルマガ登録はこちら
ページ上部へ戻る